アートメイクの利点

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

アートメイク現在注目を集めているアートメイクですが、その起源は古代中国にまで遡ると言われています。皮膚の表皮と言われる浅い部分に針を使って色素を入れることで、汗や水でも落ちず、崩れることの無いメイクを楽しめます

針を使う必要があるため、施術できるのは医師免許を持っている者のみになります。中にはサロンで医師免許を持っていない人がアートメイクをやっているところもありますが、違法であるだけでなく、重大な肌トラブルを引き起こす危険性もあります。アートメイクの施術は医師のいる美容クリニックで受けるようにしましょう。

アートメイクは眉に施すという人が多く、メイク時間の短縮になるだけでなく、すっぴんでいても自然に見えることも人気の理由となっているようです。また、温泉やプールなどのレジャーに出かけても、水で落ちてしまわないところもメリットです。皮膚の中に色素を入れていますが、入れてしまったら一生残るタトゥーと異なり、数ヶ月から数年程度で色は少しずつ薄くなっていきます。

眉の形や太さなども医師や看護師によるカウンセリングで個人に合うよう見てもらえるため、眉を描くのが苦手という人にとってもアートメイクはお勧めです。一度の施術では色の定着具合などの様子を見るため、2回~3回くらいに分けて行われることが多いようです。

現在注目の施術

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

美容皮膚科でできる主な治療と言えば、シミやホクロを取ったり脱毛を行うレーザー治療や、ヒアルロン酸などを皮膚に注射してたるみなどを取る治療といったものを思い浮かべる人も多いでしょう。

アートメイク美容皮膚科とエステとの違いについて曖昧だという人もいるかもしれませんが、美容皮膚科で行われる施術は国家資格である医師免許を持った者が行います。エステティックサロンで行われている施術は、注射や医薬品の処方といった医師免許がなくてもできる施術に限られています。美容皮膚科で行われている治療は医学的根拠に基づいて行われるものなので、安心して受けることができます。

様々な施術が行われる美容皮膚科の治療の中でも、最近注目を集めているのがアートメイクです。名前だけ聞くと、映画などで使われるような特殊メイクを想像するかもしれませんが、皮膚の中に色素を入れることで普段の生活や洗顔などを行っても落ちないもののことを言います。アートメイクが主に施される場所は眉やアイラインが多いです。毎日メイクをしていてもなかなか眉のラインが左右均等にならなかったり、上手くアイラインが引けないと悩んでいる女性は多いでしょう。アートメイクを行うと、数ヶ月から数年は色が残り少しずつ薄くなっていくので、毎朝メイクに費やしている時間を短縮できるメリットがあります。

美容外科との違い

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

美容皮膚科という言葉は最近になって広く認知されるようになってきました。しかしそれと似たものに、美容外科というところがあります。美容外科と美容皮膚科にはどのような違いがあるのか紹介します。

美容外科まず、美容外科は外科という名前がついている通り、大雑把に言えばメスを使った手術をするところです。美容外科では美容整形や脂肪吸引などの大がかりな施術もできます。一方の美容皮膚科はメスを使わず、レーザーなどを利用して肌の状態を美しくしていく施術法を用いています。しかし最近では「スキンクリニック」という看板を掲げているクリニックもあります。スキンクリニックでできることは各クリニックによって異なり、美容皮膚科の分野のみ対応するところもあれば、外科的な施術ができるところまで幅広くあります。例えば、シワやホクロ除去などの施術では、レーザーなどの美容皮膚科の範囲で治療ができる場合と、メスを使った手術の方がより満足度の高い結果を得られる場合が考えられることがあります。

そのため、何ができて何ができないか、またどういった分野が得意なのかなど各クリニックに行く前にしっかりと調べておいたほうが良いでしょう。また、治療に入る前のカウンセリングでも疑問な点があれば質問していくことをお勧めします。

美容皮膚科への期待

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

近年では、女性だけでなく男性も自分の魅力を更に高めようと外見に気を配る人が増えてきました。誰だって少しでもきれいに、美しくなりたいという気持はあると思います。こうした気持ちや美に対する要望を、医学的根拠に基づき、高い技術力によって実現してくれるところが美容皮膚科です。

美容皮膚科美容皮膚科はその名前の通り、皮膚に関する美容を専門に扱っているところです。例えば、シミやニキビなどが気になるといった場合、通常の皮膚科で行われる治療は塗り薬や飲み薬などを使った投薬治療が中心となり、効果が出るまでには時間や手間がかかります。また、皮膚科の治療は症状が治ってしまえばそこで終了になりますが、跡が残ってしまい、見た目が改善されないといった問題も出てきます。一方の美容皮膚科では、症状への治療はもちろんですが、治療後のアフターケアも行い、肌をよりきれいに見せるところまで対応してもらえます。

一般の皮膚科は病気治療になるので保険が適応できますが、美容皮膚科は自由診療となるため保険は適応されません。しかし、肌や皮膚のことで悩んでいた患者さんにも最適な治療法を提案し、美しく見えるよう施術してもらえるため実費で治療を行う人も少なくありません。当サイトでは美容皮膚科とはどのようなところなのか、また現在注目を集めている施術に関してなどを紹介しています。美容皮膚科について興味や関心を持たれている方が少しでも何か有益な情報を見つけていただけたら幸いです。